International_Klein_Blue

緊張感高まる北東アジアにて奮闘する日本を温かく見守るブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
タンク

タンク


さすがに日本での販売は無理と思われる、アメリカっぽい発想の車椅子。
見た目はカッコいい。
スポンサーサイト
パイク


脳卒中で倒れ車椅子生活を送りつつも制作を続けていたナムジュン・パイク。
2006年1月29日午前6時ごろ、アメリカ合衆国フロリダ州マイアミの自宅で死去した。
妻・久保田成子と看護士が見守るなかで静かに生涯を終えたという。

カールハインツ・シュトックハウゼンやジョン・ケージのもとでの前衛音楽活動。
フルクサスにおけるアヴァンギャルドアート。
ヴィデオ・アート、メディアアート、ロボット・アートの黎明期における先駆者。(ちなみにリモコン式ロボットによるパフォーマンス歩行中に、自動車にはねられ、このロボットは史上初のロボットの交通事故犠牲者に。)

音楽や美学の理論、禅などの東洋哲学を含む幅広い思想をもとに、20世紀後半においてアヴァンギャルドを体現してきた素晴らしいアーティストだと思う。
心よりご冥福をお祈りします。

そんな状況も冷めやらぬ中、ナムジュン・パイクの作品が展覧開会期中に強制撤去される事態に。
撤去の経緯は、韓国市民らの抗議によって美術館側がそれを受け入れたらしい。
抗議の理由は、作品に用いられた古地図に、フランス語で「日本海(Mer Du Japon)」と表記されていたというだけ。

死者にまで言論弾圧・・・
これはさすがにやり過ぎかなと思う。
さらに、亡くなってからもなお社会への問題提起を続けるパイクもある意味スゴイ。
ちょっとした謎解き+インディ・ジョーンズな「ダ・ヴィンチ・コード」がもうすぐ公開。
小説もおもしろかったけど、映画の方も少し期待。
「アメリ」のドレイ・トゥイユや、「ギャングスター・ナンバーワン」のポール・ベタニー辺りが見所かな。

そんな中、著者のダン・ブラウンが訴訟に巻き込まれることに。
原告は、「レンヌ=ル=シャトーの謎―イエスの血脈と聖杯伝説」を書いたマイケル・ベイジェント氏とリチャード・リー氏の2人。
裁判官は、ブラウンが「ダ・ヴィンチ・コード」の一部でこの本を利用したが、「本質的にまねた訳ではない」との判断を示して、原告の敗訴に。

とはいうものの、このロンドン高等法院のピーター・スミス判事は、その際の判決文に「スミス・コード」という暗号を隠したらしい。

これがイギリス特有のウィットに富んだユーモアなのはわからないけど、映画の宣伝に一役買ったようにも取れるし。
ちょっと裁判で遊びすぎでしょ。

あと、「イエス・キリストがマグダラのマリアとの間に子どもをもうけ、その血脈が欧州で続いている」というネタバレは勝手にしちゃってもいいのか・・・!?
NGC 2207&IC 2163


銀河って結合することで大きくなっていたのか!?
しかも、この地球のある天の川銀河も、近くにある矮小銀河を吸収中であることが最近わかってきたらしい。
宇宙スゴイ。
これは億年単位で観測してみたい。
DOB

マウス


似てるっちゃ似てるけどさ。
村上隆、お前が訴えるのはどーなのよ。
和解金4000万円が欲しかったんじゃないだろーけど、ちょいセコい。

大量消費、大衆文化ベースのポップアートを、日本のオタクカルチャーやサブカルチャーをベースに再構築して評価得てるんでしょ。
まー、海外ではオタクカルチャーの搾取をオリエンタルなオリジナリティと捕らえられ、過大評価されがちだけど。
盗作・引用・オマージュ・パロディ・パクリ・インスパイア・・・
そこから出てくるいびつな既視感やノスタルジーとかが作品のおもしろさだと思ったのに。

隆、龍、春樹、ファンド・・・
村上性を名乗る人は何か変だよ。
フムフム


ハワイはやっぱのどかなのね。
ネーミングセンスだけでもそう思う。
「ロコモコ」とか「カメハメハ」とか「フムフムヌクヌクアプアー」とか。
なかなかいいじゃない。
ゲッベルス


ナチスの宣伝相、ゲッベルスがワイマール憲法を批判した文書。
というか、まるで予言。
戦後、日本国憲法に支配されてきた日本にとっては、背筋が寒くなるくらい現代社会に合致している。
・・・これは怖い。


日本人に謝りたい~あるユダヤ人の懺悔~/モルデカイ・モーゼ著より引用

ドイツのゲッベルス宣伝相は、ドイツ国民に与える警告として次のような内容の文書を1934年に公布している。

それは、非常に強大な超国家的勢力が、文明の破壊にもつながる心理戦、神経戦を挑んできている。これに対してドイツ国民は十分警戒せねばならない。この心理戦、神経戦の目的とするところは、人間の純度を落とすことにより現存する国家を内部からむしばんでいこうとするものである。

ゲッベルス宣伝相が挙げたこの超国家的勢力の狙いとする心理戦、神経戦とは次の如き大要である。

●「人間獣化計画」
・愛国心の消滅
・悪平等主義
・拝金主義
・自由の過度の追求
・道徳軽視
・3S政策事なかれ主義(Sports Sex Screen)
・無気力・無信念
・義理人情抹殺
・俗吏属僚横行
・否定消極主義
・自然主義
・刹那主義
・尖端主義
・国粋否定
・享楽主義
・恋愛至上主義
・家族制度破壊
・民族的歴史観否定
菊池成孔と大谷能生のWANTED!水曜日の曲目リストをゲット!
なんとなく最近気になった曲をちょっと。

・アリシア・キーズ/ユー・ドントゥ・マイ・ネーム
バックトラックはカニエ・ウェストだっけ。
声が綺麗かな。

・ユニオン/ブラック・アイド・ピーズ
スティングのイングリッシュマン・イン・ニューヨークが元ネタ。
BEPはあまり飽きないかな。

・コモン/ゴー
これもカニエがバックトラック。
夜に似合うかな。

・ジャンゴ・ラインハルト/ブラジル
ナチス占領下のフランスの地下室でギターを掻き鳴らしていた人。
嫌な感じがしないかな。

・ダニー・ハサウェイ/ジェラス・ガイ
ジョン・レノンのカバー曲。
原曲は悲壮感が漂ってるけど、マイルドな感じが親しみ易いかな。

・フェアグランド・アトラクション/パーフェクト
90年初頭ブリットポップスだっけ。
オールディーズな雰囲気がいいかな。

・フェイス・エヴァンス/アイ・ラブ・ユー
よくわからんけど女の人のR&B。
バックトラックが耳に残るかな。

・ブルー・シックス/ワイン
お洒落なクラブジャズ。
夜の高速をドライブしたくなるかな。

・ジャック・ジョンソン/バブル・トウズ
サーフロック。
肩の力抜いただるーな感じがいいかな。

・ジェイムス・ブラント/アイ・リアリー・ウォント・ユー
フォークっぽいソウル。
こういう早口なのに弱いかな。

・ジェイミー・カラム/キャント・ウィー・ビー・フレンズ
ジャズボーカル。イギリス人だっけ。
小気味よくてジャジーかな。

・ジョン・コルトレーン/ブルー・ボッサ
アルトサックスの有名人。
これ本当にコルトレーンか?って感じに疾走感があって聞きやすいかな。

・ジョン・レジェンド/オーディナリー・ピープル
ピアノソウルマン。
ピアノ弾き語りで落ち着くかな。

・カニエ・ウェスト/ダイアモンズ・アー・フォーエヴァー
オーガニックヒプホプの人。
スパイ映画のサントラみたいかな。

・リサ・ローブ/ハウ
アコースティックなポップス。
透明感があるかな。

・マイルス・デイヴィス/スケッチズ・オブ・スペイン
トランペットのおかしな人。
とても変な曲かな。

・モス・デフ/マスマティックス
ヒプホプ。
イントロが耳に残るかな。

・R・ケリー/セックス・ミー
R&Bのエロい人。
これはエロ過ぎるかな。

・ラウル・ミドン/ゲット・トゥギャザー
盲目のギタリスト。
卑怯なカッティングかな。

・サム・クック/ユー・センド・ミー
むかし飛行機事故で死んでしまった人。
余裕のある歌い方がいいかな。

・シー・アンド・ケイク/キス
クラブ系の人かな。
オシャレ映画のサントラ見たいかな。

・セルジオ・メンデス/マ・シュケ・ナダ
ボサノバの偉い人のBEPとのコラボ。
胸躍るかな。

・サン・ジェルマン/ローズ・ルージュ
ブルーノートの人。
踊りたくなるかな。

・スティービー・ワンダー/アイ・ジャスト・コールド・トゥ・セイ
盲目のソウルマン。
いつ聴いてもいいかな。

・スタイリスティクス/ユー・アー・エブリシング
ソウルな人たち。
スイート・スイート・ソウルな感じ。

・T・レックス/メタル・グルー
グラムな人。
とても怪しいかな。

・トム・ジョーンズ/ワッツ・ニュー・プッシーキャット
おかしな白人。
変なワルツかな。

ヴィクター・デイヴィス/ブラザー
ブリットソウルだっけ。
音作りが巧いかな。

今んところ、こんな感じなのが好きかな。
ついにアウディが新型TTクーペを発表。
でも、やっぱり先代の虫っぽくて幾何学的なデザインの方がカッコいい。
なんというか、顔がレクサスっぽいといか、マツダっぽいというか、ホンダっぽいというか、日本車顔なのがちょっと微妙な感じ。
とはいうものの、日本車のような破綻した線ではないのが巧い、さすがアウディ。
逆に日本車のデザインはフワフワ浮ついた線のデザインが気になる。

http://response.jp/issue/2006/0407/article80960_1.html

TTクーペ

TTクーペ

TTクーペ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。