International_Klein_Blue

緊張感高まる北東アジアにて奮闘する日本を温かく見守るブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
財務大臣になって予算を作ろう

財務省のHPにあるサイト。
財務大臣になって国家予算を振り分けていくゲーム。

一般会計の80兆円だけじゃなく、特別会計の200兆円はどーなってるの!?
スポンサーサイト
水のなかの裸婦


印象派の巨匠ルノワール。
で、このルノワールの女性の肌の描写が、現代のメイクアップに通じるものがあると。

まず、現代のメークでは、ファンデーションをベースに、青や赤のパウダーを重ねるテクニックがよく使われているらしい。
それと比較してルノワールの絵でも、白と朱色を混ぜた下塗りの後、透明感の高い赤と青を薄く重ね、発色効果を高めているらしい。
なるほど、近い。

さらに、緑の反射率が高いと、肌がくすんだ印象になるとのこと。
確かにそうかも。
絵の具の三原色は、シアン(青紫色/青緑色)・赤紫色(マゼンタ)・黄色の三色。
これらの色は混じり合うほど黒に近づいていくし。
(ちなみに光の三原色は赤・青・緑で、交じり合うほど逆に透明になる。)

これは、改めてルノワールの色彩感覚の鋭敏さに関心した。
光を描いた印象派の美の普遍性が、今にも受け継がれているってことかな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。