International_Klein_Blue

緊張感高まる北東アジアにて奮闘する日本を温かく見守るブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
個人的なメモ。
スポンサーサイト
バチカン

中国


中国共産党がバチカンを無視して、勝手にローマ・カトリック教の司祭を2人任命したらしい。
その横暴さ対して、ローマ法王庁は中国に対して抗議を表明。
そしたら、中国はその行為は内政干渉に当たるとしたらしい。

ローマ法王に対して「内政干渉」って。
昔なら即宗教戦争勃発してもおかしくない暴言でしょ。
台湾がらみとかいろいろあるらしいけど、これはびっくりした。

当然の対応として、すぐにローマ法王庁は、中国政府公認の宗教団体「中国カトリック愛国会」が任命した司教2人らを破門したとのこと。
そりゃそーだよな。
日本もこのフットワークの軽さを見習って欲しいような。
ドラ

笛


上…「ドラ・マールの肖像」
下…「パイプを持つ少年」

サザビーズで109億円か。
相変わらず羽振りがいいのね。

どーなんだろう。
批評家、パトロン、投資家、メディアたちが協力して青天井にピカソの価値を高めているという感じなのかな。
最近の現代美術の商業的価値が微妙さに比べて、ピカソのネームバリューはいまだにスゴイ。
というか、美術関係者以上に世界の投資家たちが、ピカソの価値を下げたくないんだろーな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。