International_Klein_Blue

緊張感高まる北東アジアにて奮闘する日本を温かく見守るブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
アルベルト・スギ「Virgo Laurentana」(1995)
sughi1


和田義彦「母子像」(1996)
wada1




アルベルト・スギ「ノクターン1」(1998)
sughi2


和田義彦「ナイトクラブ」(2000)
wada2




アルベルト・スギ「ピアノ・バー、イタリア」(1996)
sughi3


和田義彦「夢想」(2004年)
wada3


これはガチで盗作。
影響でも、引用でも、オマージュでも、パロディでも、サンプリングでも、コラージュでも、インスパイアでも、シンクロシニティでもない。
これはモシャモシャしてパクった盗作。

ほぼ国営のアカデミックな日本洋画壇でのこの行為は言い訳ができない。
和田氏の個人的な著作権の侵害の問題だけじゃなく、日本の美術の面子に関わる問題。

いつまで認めないのか。
早く認めた方がいいものを、もう取り返しつかないところまで来てしまっている。
前から盗作の噂があったのにも関わらず、対応が後手後手に回ってた文化庁や国画会も怪しい。
隠ぺい工作にも加担していたのではと勘ぐってしまう。
パトロンや画商や絵の持ち主にしてみれば、和田氏の評価の下落は喜ばしいものではない。

そして、盗作問題に対する和田氏の態度は常軌を逸している。
スギ氏の前で泣き落としをして、訴訟問題に発展しないように画策。
さらに告訴しないという証拠の念書をスギ氏に求める。
問題が表面化してからは、一転して盗作ではないと主張。
「共同制作だった」、「オマージュだった」、「絵の具の盛り方が違う」、「これはオリジナルだ」とその場凌ぎの苦しい答弁ばかり。
挙句の果てに、「ピカソは盗みの天才」との暴言まで。
さらに、過去のセクハラは露呈するし、捏造プロパガンダ小説「悪魔の飽食」で知られる森村誠一氏の擁護も苦し過ぎる。
あくまで自らの非を認めない和田氏の姿勢は、すでに裁判を意識してのことだろう。

美術にはその国の文化レベルの指標みたいな側面もある。
このまま泥沼化すれば、日本の文化の低さを世界的にもアピールすることになってしまう。
この先短い命と言うのであれば、いっそ、早いとこ認めてしまって恥を削ぐ努力をすればいいのに。


【参考】
L'uomo, la societa', l'artista(アルベルト・スギ氏公式HP)
和田義彦(Wikipedia)
芸術選奨の画家が盗作? 文化庁が調査に着手(朝日新聞)
洋画家・和田義彦氏、作品酷似で文化庁に調査うける(サンスポ)
盗作疑惑:洋画家・和田氏の受賞作、伊画家の作品に酷似(毎日新聞)
スポンサーサイト
イギリスのカンブリア州のホームページ。
羊の歌を公開中。
ワールドカップバージョンもあったりしてかわいい。

LAKES SHEEP RELEASE WORLD CUP SONG

EWE MUST BE JOKING – BAARMY LAKE DISTRICT SHEEP RINGTONE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。