International_Klein_Blue

緊張感高まる北東アジアにて奮闘する日本を温かく見守るブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ベンツ

ベンツ

ベンツ


ま、眩しい・・・
まるで女子中高生のケータイのようなデコレートをされたSL600。
最近のラグジュアリーカーのセンスは、その辺のコンテンポラリーアートを軽く凌駕するものが。

ソース:【東京スペシャルインポートカーショー06】30万個のスワロフスキーで装飾

まぶしいクルマというのはこのことを言うのだろう。「東京スペシャルインポートカーショー2006」が28日から東京ビッグサイトで開幕したが、そこに来場者がアッと驚くようなメルセデスベンツ『SL600』が展示された。

場所はギャルソンD.A.Dのブース。ボディ一面がスワロフスキーで覆われ、その数はなんと30万個。金額にして3000万円である。スワロフスキーについては今さら説明するまでもないが、1895年にオーストリアのチロルに創立されたクリスタルガラス製造会社で、その製品は女性の間に人気が高い。

もちろん今回の一番人気で、クルマの前には人垣ができ、カメラを持った人が次々にシャッターを押していた。

ただ、このクルマの製作には苦労したそうで、社員20人が手作業でひとつひとつ貼っていき、3カ月もかかった。その作業に携わった社員の一人は「途中で目が痛くなった」とこぼしていた。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ikb.blog11.fc2.com/tb.php/13-ea93503f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。