International_Klein_Blue

緊張感高まる北東アジアにて奮闘する日本を温かく見守るブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
イスラム教は宇宙での戒律をどうするか大問題らしい。
お祈りの時間・方向、沐浴、体勢等。
できなければ極刑も免れないかも。

まず、お祈り。
メッカの方角に向かって、一日に5回。
が、宇宙ステーションは90分で地球を一周してしまう。
確かに困る。
対応策としては、お祈りの時間と方向を計算するプログラムを開発しているらしい。

次に、沐浴。
水を用いるこの行為は更に難しい問題。
代替案としては、ティッシュやナプキンで清めることが検討されているとのこと。

また、お祈りの体勢。
無重力環境でどうやってひざまずくのかという問題。
座った姿勢で祈るとか、椅子に体を固定するとかが考えられる。

「和」の精神の上に成り立つ日本人の宗教的価値観からすると、これらの戒律を厳守しようとする精神は非常に面倒に感じられる。
良いか悪いかはわからないが、まさに重力に縛られているのでは。


■イスラム教
イスラム


ムスリムは六信として次のものを信ずるように定められている。
神(アッラーフ)
天使(マラーイカ)
啓典(キターブ)
使徒(ラスール)
来世(アーヒラ)
定命(カダル)

また五行として次の行動を取るよう定められている。
信仰告白(シャハーダ)
礼拝(サラー)
喜捨(ザカート)
断食(サウム)
巡礼(ハッジ)
※五行に聖戦(ジハード)を加えようと言う動きもある。

ソース:マレーシア、イスラム教の宇宙飛行士の懸念を慎重に検討

マレーシアは自国の宇宙飛行士を選定しているが、宇宙飛行士が信心深いイスラム教徒の場合、宇宙ステーションでお祈りする方角をどうするのかといった問題を解決しようと検討を進めている。

イスラム教では一日に5回お祈りをする。その方角はイスラム教のメッカであるが、宇宙ステーションに搭乗している間はこの要求は大変困難なものとなると見られている。

現時点の4人の宇宙飛行士候補には3人のイスラム教信者がいるが、5月には2人を選ぶ必要がある。専門家によると、地球の時間と地球のどの方向に向いているかが重要で、解決には難しい問題がある。

大学院生にお祈りの時間を計算するコンピュタープログラムを開発し、乗員が自分の位置を入力すると自動的にお祈りの時間と方向が出力される。

しかしながら、更に難しい問題はお祈りの前に行う沐浴(もくよく)をどうするかである。また無重力環境でどうやってひざまずくのかという問題である。通常の考えでは解決策としてティッシュやナプキンで清めることや、座った姿勢で祈るとか、椅子に体を固定するとかが考えられる。

専門家によると、イスラム教法典の原理に従えば、いかなる理由や条件になろうとも行うべき行為は実行されねばならないとしている。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ikb.blog11.fc2.com/tb.php/19-391c0659

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。