International_Klein_Blue

緊張感高まる北東アジアにて奮闘する日本を温かく見守るブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ドラ

笛


上…「ドラ・マールの肖像」
下…「パイプを持つ少年」

サザビーズで109億円か。
相変わらず羽振りがいいのね。

どーなんだろう。
批評家、パトロン、投資家、メディアたちが協力して青天井にピカソの価値を高めているという感じなのかな。
最近の現代美術の商業的価値が微妙さに比べて、ピカソのネームバリューはいまだにスゴイ。
というか、美術関係者以上に世界の投資家たちが、ピカソの価値を下げたくないんだろーな。

ソース:ピカソの絵に109億円、史上2位の落札額

 画家ピカソ(1881~1973)が愛人を描いた「ドラ・マールの肖像」が3日、ニューヨークの競売会社サザビーズで競売にかけられ、9521万6000ドル(約109億円)で落札された。

 ピカソの絵では、初期の傑作「パイプを持つ少年」が04年5月に1億ドル余りで落札され、絵画の落札額としては史上最高額を記録。サザビーズによると、今回はこれに続く史上2番目の落札額となった。

 落札した人物の名前などは明らかにされていない。事前の落札予想額は5000万ドルで、実際はこの倍近くとなった。

 サザビーズによると、この日落札された肖像画は1941年に描かれた作品。いすに座る愛人ドラ・マールと猫をキュービズムと呼ばれる独特のタッチで表現している。ピカソはドラ・マールをモデルに多数の作品を発表している。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ikb.blog11.fc2.com/tb.php/23-2c915390

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。