International_Klein_Blue

緊張感高まる北東アジアにて奮闘する日本を温かく見守るブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
20060513-04431055-jijp-soci-view-001.jpg


■世界各国の軍隊の歩兵部隊の訓練方法

イギリス:口で発砲音を言う、エアガン / 近々、電子銃を導入

アメリカ:口で発砲音を言う、エアガン、電子銃

日本:口で発砲音を言う、電子銃

フランス:口で発砲音を言う、エアガン

イタリア:口で発砲音を言う、エアガン

ドイツ:口で発砲音を言う、エアガン

ロシア:口で発砲音を言う、エアガン

北朝鮮:口で発砲音を言う、実弾訓練(当たると死ぬ)

シリア:口で発砲音を言う、実弾訓練(当たると死ぬ)


実弾訓練って…やり過ぎでしょ。

ソース:エアガンで「実戦」訓練=市街地接近戦想定し600丁-全国陸自部隊に・防衛庁

 防衛庁の陸上幕僚監部は13日までに、全国の陸上自衛隊普通科(歩兵)部隊を対象に、普段の訓練で使用している自動小銃をモデルにしたエアガン600丁を配備した。弾が命中すると、塗料が付着して分かるように「ペイント弾」を使っており、同庁幹部は「よりリアルな環境で戦闘訓練するのが狙い」としている。
 エアガンは市販のものを改造し、1丁約8万円。3月末から、市街地や屋内での接近戦を想定した訓練で使用している。
 外見は本物の自動小銃とそっくりで、重量もほぼ同じ。電気駆動で空気を圧縮し、単発撃ちから連射まででき、射程は約25メートルという。 
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ikb.blog11.fc2.com/tb.php/34-372d8631

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。