International_Klein_Blue

緊張感高まる北東アジアにて奮闘する日本を温かく見守るブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
とは言うものの、カンヌJr.フェスティバルとかいう、なんか微妙なグランプリ。
今年は8作品がノミネートされ、10歳から18歳の10人の学生審査員全員一致での受賞となったらしい。
よくわからないけど、「嫌われ松子の一生」の宣伝の一環かな。

と言うよりも、フランスで邦画過去最大規模となる約100館で上映されることの方がスゴイ。
アメリの影響が濃いからか、フランス人受けはいいのかも。
このまま上手くいったら、ハリウッドでリメイクもあるかも!?

ソース:「下妻物語」がグランプリ…カンヌJr.フェスティバル

【カンヌ27日=サンケイスポーツ特電】第59回カンヌ国際映画祭と同時進行で行われている若者向け映画を対象にしたカンヌJr.フェスティバルのコンペ部門受賞作が27日、発表され、女優、深田恭子(23)と土屋アンナ(22)がW主演した映画「下妻物語」(中島哲也監督)がグランプリを受賞した。

同コンペのグランプリは邦画初。今年は8作品がノミネートされ、10歳から18歳の10人の学生審査員全員一致での受賞となった。中島監督は「ロココのおひざ元であるフランスで全会一致でグランプリに選ばれたことは、大変光栄です」と喜びのコメント。映画は6月14日から仏で邦画過去最大規模となる約100館で上映されることが決定している。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ikb.blog11.fc2.com/tb.php/51-97483217

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。